畑野ひろ子

畑野ひろ子のページを説明

SponsoredLink

畑野ひろ子にようこそ!

畑野ひろ子応援サイトです。どうぞ、ご活用くださいませ。他にはないとっておきな情報が満載です♪


■当サイトのカテゴリ
画像/ ブログ/ /

畑野ひろ子に関する情報をまとめました。最新情報です♪畑野ひろ子はとってもかわいいですよね♪私も大好きです♪


■当サイトの目次

畑野ひろ子

畑野ひろ子の課長島耕作 本作品は1980年代前半(日本経済低成長期)から同年代後半(バブル経済期)を経て1990年代初期(バブル崩壊前夜)に至るまでの日本経済の動向、大企業間の競争、大企業内部の派閥争い、経済活動の末端で働くサラリーマン(特に団塊の世代)の群像の様々をリアルに活写したもので、サラリーマン層を中心に好評を博したのね。^^;


畑野ひろ子

畑野ひろ子 『はぐれ刑事純情派』『さすらい刑事旅情編』『はみだし刑事情熱系』『相棒』など、数多くの大ヒットシリーズを世に送り出したテレビ朝日の水曜21時刑事ドラマ枠のシリーズのね。^^;


畑野ひろ子

畑野ひろ子 ラーメン屋の店長を務める吉村浩輔はかつて売れっ子の音楽プロデューサーだったが、他人の曲を盗作した事が世に知れ音楽業界から追放された過去を持つのね。 ^^;


畑野 ひろ子

畑野 ひろ子 『サラリーマン金太郎』(サラリーマンきんたろう)は、主人公矢島金太郎のサラリーマンとしての活躍と成長を描いた、漫画家本宮ひろ志によるビジネス漫画であるのね。^^;


畑野ひろ子

畑野ひろ子 踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(1998年) 本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であったのね。^^;

畑野ひろ子

畑野ひろ子の課長島耕作

本作品は1980年代前半(日本経済低成長期)から同年代後半(バブル経済期)を経て1990年代初期(バブル崩壊前夜)に至るまでの日本経済の動向、大企業間の競争、大企業内部の派閥争い、経済活動の末端で働くサラリーマン(特に団塊の世代)の群像の様々をリアルに活写したもので、サラリーマン層を中心に好評を博したのね。

1991年度(平成3年)、第15回講談社漫画賞一般部門受賞したのね。

本作品の主人公・島耕作は団塊の世代に属し、大手電器メーカー「初芝電器産業」に勤務するサラリーマンであるのね。

作品が連載開始された当初(1983 年頃)の島は、どちらかといえば小心で保身を考える平凡なサラリーマン像に描かれており、作品内容もオフィスラブなどの個人的な身辺事が主たるものであったのね。

1984年後半から毎回連載が始まると、作品は大企業内部の派閥抗争や企業戦略に基づく経営展開などのマクロな経済世界へと舞台の主軸を移していったのね。

それに伴い島耕作は揺れ続ける社内での派閥争いの動向の中でも自身の信念のみに従う行動的人物として描かれていき、前向きな性格と幸運で度重なる苦難に直面しても全て乗り切ってしまうのね。

苦難を乗り切る過程では知人の探偵・木暮久作を駆使したミステリ仕立ての冒険活劇が展開されるほか、部下や女がいつの間にか全てを解決してくれることも多いのね。

また、島の周囲には必ずと言って良いほど島と性的関係を結ぶ女性が常につきまとうのね。

経済面のストーリー展開は、実社会の時事ネタが次々と島と初芝に襲い掛かるも、実社会の企業の失敗を研究してストーリーに取り入れ、全て巧く乗り切るだけでなく(時には左遷なども経験するが)さらに出世していってしまうストーリーであるのね。

これらの複雑に絡み合う各要素(派閥抗争、経営戦略、ミステリ活劇、多彩な女性関係)が多くのサラリーマン、とりわけ団塊の世代の男性の心を掴み、1990年頃には大人気漫画として社会現象を巻き起こしたのね。

2008年4月2日、読売新聞をはじめ各全国の新聞朝刊の社会面に島耕作が作中で近く社長に就任することが「新社長に島氏」というタイトルで採り上げられたのね。

【DVD】白椿/畑野ひろ子【DVD】白椿/畑野ひろ子
¥3,990円(税込)送料込 カード利用可

発売日:2008/10/17夢野久作による原作を、現代風にアレンジし映像化。娘の世話を父に任せ外で働く自由奔放な主婦と、母の期待がプレッシャーとなり現実逃避を続ける2浪の受験生が体験する不思議な出来事を描いた作品。畑野ひろ子、加藤夏希、財津一郎ほか出演。
さらに詳しい情報はコチラ≫



| 画像

畑野ひろ子の畑野ひろ子のリンクについて

畑野ひろ子の畑野ひろ子のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。

>>[次]畑野ひろ子
畑野ひろ子のTOPへ
"畑野ひろ子"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。